2017年3月21日火曜日

開業の頃に妻を思ふ

2014年の夏、会社員を辞めた私はフリーランスとなり、営業活動を始めました。

真新しい名刺と、
自作の自社資料と、
自社ロゴの入ったノベルティを抱えての、飛び込み営業を始めました。

100ccの原付に資料を満載にして、地元の会社さんを廻りました。
会社員生活は20年近くやりましたが、営業なんて初めてのことです。
しかも飛び込みです。


少し離れた所に原付を停めて、
ドキドキしながら先方の会社・事務所を見渡して、勝手口を探して。

チャイムを鳴らす。
ほぼ、門前払いですよね笑
みなさん忙しく仕事をしている途中です、
そこへ突如来るセールスなんて異物でしかないでしょう。
それでもなんとか名刺と資料とノベルティを受け取ってもらい、
心打ち砕かれて退出します。

こういう辺りで、心折れる方もいるのでしょうが、
幸い私は鈍いので、ブッコミ魂だけはありました。
幼少期転校を重ねた私は、アウェイにぶっこむ事は、やらねばならぬ事でした。
そーしないと友達がいないから。

飛び込み営業、中にはとても親切に対応してくださる方もいて、
人に優しくされた時、自分の小ささを知りました。

毎日毎日営業活動、それと新しい什器設備材料の勉強、
たまに安い下請けの仕事。

不安しかありません。
このやり方で仕事がもらえるのかどうかも分かりません。
たやすく受注できる下請けの仕事は積極的には受注しないでおきました。
ここで下請け仕事に頼ると、下請けばかりのフリーランスになる恐れがあったからです。

不安な日々を過ごします。


そんなある日、一本の電話が鳴ります。
確か夜の19時か20時頃。
携帯に表示されている電話番号は知らない番号です。

二合半worksの森です
まだ言い慣れぬ屋号で電話に出てみると、電話の相手は営業で伺った会社の方でした。
社に置いてあった資料をみて電話してくれたとのこと。
そして、この電話で仕事を発注してくれました。

初めての受注でした。鳥肌が立ちました。

営業活動を始めて2週間ほどたった頃だったと思います。


電話を切り、うおー!と叫んだような気もしますが覚えていません。
すぐに隣の部屋にいる妻に話しました。
すると妻は、笑いながら泣いて、喜んでくれました。
そして褒めてくれました。泣きながら。

妻が泣いて喜んでくれるなんて驚きました。

会社を辞めてからそれまで、彼女はそんな素振りみせなかったからです。
思えば、旦那が会社員を辞めるなんて不安しかないですよね。

この時私は思いました。この妻と一緒で幸せだ、最高の人だと。

色々な方のお世話になって生きています。



その妻は先月の2月の節分で福豆にハマり、箱買いしてます。
毎日1袋食べてましたが、大丈夫でしょうか。



2015年7月
父の日に妻を思ふ

http://forestmorishi.blogspot.jp/2015/07/blog-post_13.html



















2017年3月17日金曜日

シクロクロス東京2017


例年通り、何故かシクロクロス東京へ。

妻も娘もシリアスよりなレースであるシクロクロス東京には興味がありません。
観戦もそこそこに、お台場海浜公園のお散歩です。
 妻は海が好きで、その流れでお台場海浜公園が好きで、
と言っても年に1度でも行けば充分で、
それがきっかけでシクロクロス東京に行く感じになっています。

そんな適当な感じですが、何故か初回から毎回行ってる気がします。

私は美女アスリートいうジャンルが大好きなので、
サイクリスト女子も大好きです。
こうなってくると、ズームのカメラが欲しいです。
人生初のNikonを買う理由がサイクリスト女子かもしれません。


レース自体には興味のないシクロクロス東京ですが、
それでもサイクリストでない一般の方も見に行くと絶対楽しいと思います。
世界のトップライダーの走りとか、身体とか、バイクとか、
鍛えられたスポーツマン、スポーツウーマンは、見ていて清々しい気分になります。
外国人ライダーとか本当にカッコイイし、尋常じゃなく美しい。
見ていて惚れ惚れします。

それはおすもうさんを見に大相撲に行ったり、
錦織くんを見にテニスコートに行ったり、
Jリーガーを見にサッカースタジアムに行くのと同じ感じだと思います。
私は50歳のカズのプレイを見たいです。

アスリートに敬意を表します。


2017年3月9日木曜日

ノスタルジック



2014年、夏の終わり頃。
会社を辞める事になり、
最終出勤日に神楽坂にある本社に行ったのです。
お世話になった社長や専務らに挨拶しにです。

その日は同時に、
退職にまつわる事務的な手続きもするために某幹部職の方とも打ち合わせをしました。
そこで某幹部職は言いました。
“全国でダントツ一番残業が多い人間が辞めるんだね笑” と。
ここでいう多いというのは、残業時間申請が多いという意味です。
私の実際の勤務時間は、私と同じ役職の人間と比較したらかなり少なかったと思います。
週の半分は17時退社目標、もう半分は20時退社目標でした。

なので、驚きました。
そんなにみんな残業付けてないんだと。

もう一つの驚き。
それは私の直属の上司の事です。
その上司は私に対し、残業時間の事を指摘することは一度もありませんでした。
先の某幹部職の言葉から想像するに、
私の上司は、その上の上司や取締役からもしかしたらなにがしかの指導や説明を求められる事があったかもしれません。
なかったかもしれません。

それを部下の私へは何も言わず、彼の時点で解決消化していたのでしょうか。
色々な人のお世話になって生きています。


・・・


そのお世話になった会社の前を、つい先日通りがかりました。
会社というか、当時我々現場の人間が使用してた工場です。

なんと、建屋の解体工事が始まっていました。
 既に中は空っぽでした。
木の外壁も剥がされています。

別になんとも思っていないと思っていましたが、
解体の様子をみると、寂しいですね。
全然なんともなくないです。
 十何年か過ごした工場です。
次にここを通る時は、もう更地かもしれません。

この場所で出会った仲間たちは今でも仲良くしてますし、
忘れられない職場です。
いま私が事業を営んでいられるのも、
この会社で知識や技術を勉強させてもらえたからです。

この会社は業界内では評判が悪いこともあるようで、
開業してから出会った方の中には、この会社出身であることは伏せておいた方がいいと言われることもあるのですが、
本当にそんなのは関係ありません。
人によるでしょう。

愛社精神とかと思われるのは気持ち悪いので記しますが、そういうのは一切ありません。
会社員時代、とある会議中そういった精神論を持ち出した方がいたので、
愛社精神とかは不要だ
会社と社員は労使の関係だ
労働する者と使用する者、労働力と給料のトレードの話だ
と言って、議会を凍りつかせた事があります。


工場から歩いて2~3分、社用車を置いていた通称「砂利駐」も行ってみました。
ここは私が在籍してた頃にアスファルトに整地されたけど
それでも「ジャリチュウ」という呼び名は変わりませんでした。

そして歩いて1~2分、旧本社も見ました。
この正面玄関はあまり馴染みはありません。


なぜなら我々現場の人間は、裏の通用口を使っていたからです。
仕事の途中に車を停めて、プラッと散歩しただけですが、
ノスタルジーに浸ってしまいました。

この記事を自身で読んで思う事は、
考え方が会社を辞める人間のモノだな~ と。
そして、辞めた会社の悪口言う人っていますけど、聞いててツラいですね。
いっときでも、お世話になっているのですお互い。



2017年3月6日月曜日

人が集まる場所



川口辺りに仕事に行った時、
付近にあった適当なケバブ屋さんに入りました。
この日のランチです。
外観、 普通ですよね。

フラっと何気なく入ってみたら、店員さんはもちろんお客さんも全員トルコ人。
いやトルコかどうかは不明だけど、なんにせよあっちの方々。
カウンター席の2人(別客)、20代位の3人組、
あとはなんやかんやで15人くらいのお客さん全て外人さん。

昔の西部劇でいうならば、荒くれ者が溜まり場にしているバーに、
旅の途中の私は他所者であるがゆえに間違えて入ってしまった客。
町の保安官さえも癒着しているあのバー。

その雰囲気に圧倒されつつも、
こちらから目を合わせるとみんなちゃんと目を合わせてきて、
そしてニコっとするの。オモシロイです。海外旅行に来たみたいでした。
 とあるオッチャンは、私が見てたら
オッチャン 「ナニ?ドーシタノ?!」 
私 「いや、凄いなーと思って。この店日本じゃないみたいだね。」
オッチャン 「ミンナナカマダヨ! ○▲※□▼×~!!!!」
色々話かけてくれましたが、もう聞き取れませんでした。

後から入ってきたお客さんもみんな外国人で、
それぞれが知り合いのようで、「yeahー」とハグしてから、自身の席につきます。

この町で、もしかしたら仲間が集まる場所になっているのかもしれません。


 ランチのケバブ丼
あのよくキッチンカーなどでグルグルされてるケバブサンドの具材が、
白いごはんにどっちゃり載ってます。
味はあのままです。濃いです。

チキンケバブが500円でビーフケバブが600円。
「ケバブ丼下さい」 とだけ注文したので、
どっちが来るか分からなかったけど、ビーフケバブ丼でした。

トルコのお茶ですって。恐らくチャイ。
ソフトドリンクは全て250円だけど、このチャイだけは100円。
別に飲みたかったわけではないのですが、
私以外のお客さんが全員飲んでたので、連られてみました。

食後はC.ロナウドのようなイケメンの店員さんに美味しかったと伝え、店を出ました。
お会計は500円。 安いし、謎でした。

それが飲食店なのか、呑み屋なのか、販売店なのか、なにがしかのスペースなのか、
なんにしても人を集まる場所を提供するっていう事に、憧れがあります。
夢です。
人を集めるには、なにかそれに特化した才能・知識・モノが必要なのですが、
いま私にはそれが無いので、八方塞がりです。


・・・

保育園に娘のお迎えに行ったら、
娘が描いた 「冬休みの思い出」 が掲示されていました。
親バカですいませんが、絵が上手くなっています。
洋服と自転車とスケボーの色がリアルです。
“ぱぱとこがねいこうえんでたこあげした”

普段パパなんて言わないのに、
もしかしたら保育園ではパパで通していて周りに合わせる感じなのでしょうか。

私と過ごした小金井公園での凧揚げが描かれており、嬉しかったですね。
というか彼女の冬休みは私との思い出しかないですから、
もしかしたら描くの大変だったのかもしれません。




2017年3月1日水曜日

デイパック

昨年末、久々にカバンを買いました。

BLUE LUGオリジナルのデイパックです。 
このデイパック、確かリリースされてから2年ほど経つと思うのですが、
やはり当時から「おお~!」と注目してたのですが、
熟考に熟考を重ねすぎる私の性格と、
これは何にしてもそうなのですが、「1stロットは買わない」という私の中でのルールがあり、その辺の流れからなかなか買わなかったのです。
今回、やっと購入しました。

黒に限ります。
他にもかっこいい色はたくさんあって、危ない誘惑なのですが、バックなので黒に限ります。


このような買い物、つまりは欲しいモノっていうのは、
買ってしまうとそれで完結してしまうと思っています。
なかなか買わずに熟成させている時が、最高に楽しいのです。
そうしながら本当に自分に必要か否かの判断を日々進めます。
長期戦に持ち込みます。

もし即座に買ってしまうと、そのモノはその後もちろん使われてはいくのですが、
自分の頭の中の考え事から外れ、ヒトは次のターゲットを探し始めるのです。

「何か欲しいモノはないか」とでも。

そうして、欲しいモノをどんどん増殖させて、
どんどん手に入れて、
自宅のクローゼットは狭くなって、
それは即ちリビングルームを狭くすることに等しかったり、
家賃が高くなっている事に間接的に繋がっています。

なかなか買わずに熟成させている時というのは、
例えば他になにかアンテナに引っかかるモノが目の前に現れても、
今抱えている熟成モノと比較させることが出来ます。
また、熟成させているモノがあるので、突拍子もない衝撃は発症しにくいです。

14800円のリュックに2年悩むケチです。私。
サイズと軽さと、
荷物が増えた時のシルエットも、荷物が少ない時のシルエットも、
脇腹の辺りの洋服を巻き込んじゃわなさも、
今のところgoodです。


















2017年2月26日日曜日

#10pt



どちらかというと受け身なタイプだと。

彼女とのランチは彼女が決めるかと。

イベントは企画するよりも、鋭意参加するスタイルかと。
riki takahashiさん(@riki10pt)がシェアした投稿 -

天然も含んでて、例えば3人で遊んでいるなか、
そのうちの2人しか分からない話を本気で永遠に話すタイプだと。

そんな友人のリキが新年会のタイミングでZINEを発行しました。
#10pt

内容は彼のSNSのアーカイブ的です。

年末年始、なんだかモゾモゾやってる感じがあったけど、
ZINEを作ったなんて、やられましたね~。格好いいです。

10も年下の仲間たちに刺激をもらっています。
ありがとうございます。



このとき#10ptオフィシャルTも頂いたのです。
記事を書くにあたり、そのTシャツを着ようととタンスの中を見ても
何故かTシャツがありません?!
やばいです。私のタンスなんて洋服など少ないもので、
全てを探すなんて一瞬なのですが、見当たりません!
どーいうことでしょう。
妻のカオスのような洋服タンスに紛れたのでしょうか。。。
やばーい!



2017年2月15日水曜日

冬休み2016-17(5) 




5歳児と2人で過ごす冬休みも終盤です。

連休中は、無印やユニクロで彼女の洋服を少々買いました。
シンプルで無地の子供服とか素敵ですよね。
世の中、シンプルな子供服だけでいいと思うのですが、
なぜかしまむらやAEONで売っているようなキラキラフリフリそして英語のレタリング的なモノが市場に溢れており、
そしてそれらに子供って食いついたりするもんだから困っています。
子供の本能的なモノなのでしょうか。それともウチのアイツだけなのでしょうか。

彼女がそういうキラキラを選びだしたのは確か4歳くらいから。
最初は抵抗したけど、もうやめました。もう慣れました。

私自身子供の頃、自分の好きな洋服を着ている時はテンションがあがってた思いがあるので、
それを思い出すと、彼女にも自分の気に入ったモノを着ていてほしいなと思います。

私の記憶が鮮明なのは小4か小5くらいから。自分でジャージを選んでいました。
青森は弘前の小学校に通っていた私は、私服は全てジャージでした。
でその後、小6で東京に転校。ここからはジャージじゃなくなって普通にジーパンとかで、
そのジーパンとかTシャツとかを自分で選んで、母に買ってもらっていました。

普通がいい、普通にお洒落して、普通の格好で。
いま娘は 子供なりの普通を とでも。

それでも、ある程度の年齢に達しても、
親が準備したちゃんと格好いい可愛いい洋服を着ている子供ってたまにいるんですけど、
どうやって教育しているのでしょう。憧れます。




娘の14インチの自転車にカゴを付けました。
カゴなんて要らないと思うのですが、公園や児童館で会うおねえちゃん達の自転車には
ほぼカゴが付いているので、その影響でしょう。

取付方法に頭を悩ませていたのですが、
彼女も背が伸びて、サドル側(ライダー寄りに)に15度ほど倒していたハンドルを、
元のように完全バーチカルにしてもちゃんと乗れるようになったので、
その直立を利用して、ハンドルにタイラップ留めです。

カゴは100均のモノですが、大きさ、硬さ、縦横バランスがなかなか丁度いいです。
ブレーキワイヤーがストレス無く通るように穴を開けて通します。

カゴ。こういうちょっとした事も喜んでくれるので楽しいですね。
キラキラのスニーカーとバッグ、
腰には年長組に憧れてのすみっこぐらしのポシェット、
フリフリのスカート、
ぷりきゅあのマスクで完成です。
ヤツの好きなモノで固められています。

そしてこの時は親も気にいっているカッコカワイイpatagoniaのダウンを着ているのですが、
この翌日にヨーカドーでやっちもないジャンパーを2900円程で買ってもらい、
just completed です。

pataのダウンはもう着ないだろうな~泣


冬休みも終わります。
ヤツも保育園の生活がまたスタートします。